最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます “こころの風邪”などありません、それは“脳の病気”です impress QuickBooks

  • 42 読みたい
  • 45 現在読んでいるもの

発行元 高橋弘 .

    Download こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます “こころの風邪”などありません、それは“脳の病気”です impress QuickBooks 本 Epub や Pdf 無料, こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます “こころの風邪”などありません、それは“脳の病気”です impress QuickBooks, オンラインで書籍をダウンロードする こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます “こころの風邪”などありません、それは“脳の病気”です impress QuickBooks 無料で, 本の無料読書 こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます “こころの風邪”などありません、それは“脳の病気”です impress QuickBooksオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます “こころの風邪”などありません、それは“脳の病気”です impress QuickBooks 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  林 公一
    • レーベル:  impress QuickBooks
    • シリーズ名:  impress QuickBooks
    • 発売日:  2014年06月30日
    • 出版社:  インプレス
    • 商品番号:  4694844392060
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ★impress QuickBooks(http://qb.impress.jp/)は、スマホでも気軽に読める電子書籍です鋭く端的な回答で大人気の「Dr林のこころと脳の相談室」の2500件を超えるQ&Aから、読み応え抜群の55件を厳選。病名などキーワード別の索引付き。さらに林先生書き下ろしコメント7000字以上、厳選したとはいえ、15万字以上のボリュームです。林先生のもとへは、深刻だったり、心がえぐられたり、不思議だったり、ゾッとしたり、たまには笑えたり……真剣でリアルな声が、こころと脳の相談として集まってきます。(まえがきより)精神科Q&Aというタイトルだが、医療相談ではない。事実を伝えるQ&Aである。明るい事実もある。暗い事実もある。希望にあふれた事実もある。絶望しかもたらさない事実もある。そんな現実の中、医療相談は明るい希望だけを伝えるものである。つまりそれは事実ではない。精神科Q&Aは医療相談ではないから、事実だけを伝える。光か闇か、希望か絶望か、そういうことは意に介さず、事実だけを伝える。そんな精神科Q&Aをこころと脳の相談室で17年間続けてきた。これまで読者からいただいた質問メールは2万通をゆうに超える。【目次】プロローグにかえて 興味本位はダメですか?●1章:いろいろなこころと脳の病気と症状家の中にストーカーがいます休職して遊びまわっている部下は擬態うつでしょうかまわりの様子がおかしくなり、奇妙なことが続けて起こるなど●2章:本人からの相談12歳のころから頭の中で声がします。月に帰りたいです。女性の肉が食べたい皆と同じようにiPodの手術を受けたいなど●3章:家族や知人からの相談殺人を依頼されました。引き受けると答えました。一人の女性のために職場が崩壊しそうですアスペルガーかと思っていたのですが、前頭葉に損傷が見つかりましたなど●関連記事トレドミンの副作用で死亡した人がいると聞いたのですが自分の「うつ病」を宣伝している友人は、擬態うつ病でしょうか精神科の診断書は無敵のカード?など●索引

あなたも好きかもしれません

こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます “こころの風邪”などありません、それは“脳の病気”です (impress QuickBooks) by 高橋弘 ダウンロード PDF EPUB F2

身近に何となく?な人がいらっしゃるので参考になるかなぁ、と購入してみました。お医者さんが書いている本で、読者とのネット上のやりとりがベースになっている薄手の読みやすい本です。ただ、私が?と思っているのはその系のお医者様ご自身だったり、スタッフの方だったりするので、もし、この本を読んで通院なさる場合、「お医者様にも当たり外れがありそうですよ」という感想を個人的には持ったのですが。