最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

炎の蜃気楼6 覇者の魔鏡(前編) (集英社コバルト文庫)

  • 71 読みたい
  • 56 現在読んでいるもの

発行元 桑原水菜 .

    Download 炎の蜃気楼6 覇者の魔鏡(前編) (集英社コバルト文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 炎の蜃気楼6 覇者の魔鏡(前編) (集英社コバルト文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 炎の蜃気楼6 覇者の魔鏡(前編) (集英社コバルト文庫) 無料で, 本の無料読書 炎の蜃気楼6 覇者の魔鏡(前編) (集英社コバルト文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 炎の蜃気楼6 覇者の魔鏡(前編) (集英社コバルト文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  桑原水菜, 東城和実
    • レーベル:  集英社コバルト文庫
    • シリーズ名:  炎の蜃気楼
    • 発売日:  2014年02月27日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4821806930007
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    日光東照宮から、何者かに盗まれた秘宝の鏡は、人間の魂を封じこめる魔鏡だった。一方、由比子(ゆいこ)とともにプールに出かけた紗織は、謎の白い腕が次々と若い女性を水中に引きずりこむのを目撃する。《闇戦国(やみせんごく)》の北条の動きをめぐって、霊が活発化しているのだ。紗織の連絡を受けて《調伏(ちょうぶく)》に向かった高耶(たかや)たちだが、彼らを待っていたのは、練馬城の悲劇の姫・伊都(いつ)と豊島一族の怨霊(おんりょう)群だった!!

あなたも好きかもしれません

炎の蜃気楼6 覇者の魔鏡(前編) (集英社コバルト文庫) by 桑原水菜 ダウンロード PDF EPUB F2