最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

群れは意識をもつ (PHPサイエンス・ワールド新書)

  • 98 読みたい
  • 41 現在読んでいるもの

発行元 郡司ペギオ幸夫 .

    Download 群れは意識をもつ (PHPサイエンス・ワールド新書) 本 Epub や Pdf 無料, 群れは意識をもつ (PHPサイエンス・ワールド新書), オンラインで書籍をダウンロードする 群れは意識をもつ (PHPサイエンス・ワールド新書) 無料で, 本の無料読書 群れは意識をもつ (PHPサイエンス・ワールド新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 群れは意識をもつ (PHPサイエンス・ワールド新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  郡司ペギオ-幸夫
    • レーベル:  PHPサイエンス・ワールド新書
    • 発売日:  2014年07月17日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000004275
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    数万羽から成るムクドリの群れ。まるで1個の巨大な生き物のように大空を黒い塊となって猛スピードで飛び回り、急転回し、場合によっては突然散開し、再び一個の群れに戻る。動物の群れがなぜこのように統率のとれた行動をとれるのか? 動物たちの群れをめぐる様々な謎は、それが哺乳類であれ、鳥であれ、魚であれ、昆虫であれ、多くの科学者や人工知能研究者たちを魅了してきた。神経細胞の集団と、動物の群れの違いをどう見るのか?群れがもつ集団の知性、知能の正体とは何か?群れのなかの個体が隣接する個体と衝突しないためには?群れを構成する個体が従うシンプルな原理・規則とは何か?これまでの知見をくわしく解説しながら、沖縄の西表島を舞台に繰り広げられるカニの集団渡河行動をめぐる著者たちの研究成果を紹介する。著者たちは次第に、群れのなかの個体にとっての「自由」と、集団の統率・秩序の関係に心を惹かれていく。

あなたも好きかもしれません

群れは意識をもつ 個の自由と集団の秩序 (PHPサイエンス・ワールド新書) by 郡司ペギオ幸夫 ダウンロード PDF EPUB F2

FXや株式投資に、群集心理への理解が必要とされています。
その一助になればと思い購入しました。
類書もいくつか一緒に購入しましたが、わかりやすくていいと思います。